手作り絞り染めラミードレス

¥34,900

【商品詳細】
手作りの草木染めは、自然から取り入れ、自然の中で使用し、自然に戻します。
すべてのプロセスが師匠の心血を注いています。植物を手折り、一枚の布を切り、服を作り、一枚ずつ染って植物の香りを溢れています。
さまざまな色合いはエクトプラズムとラーフです。それは、自然から与えられた色、植物の息吹のある青です。
普通な絞り染めと異なり、植物染めが自然界に自生するさまざまな色素含んでいる植物から色素を抽出し、染色する方法です。
染を行う過程に化学助剤を使用していません。「植物染め」と呼びました。




【ご注意について】
綿と麻は、1万年以上の歴史を持つ非常に早い時期に人類が使用した天然植物繊維です。一年生草本です。汗を吸収し、通気性が良く、人体に無害であるという利点があります。また、天然素材であるため、いくつかの一般的な現象があります。
1.退色
綿と麻は天然素材で耐変色性が化学繊維製品より良くないです。洗濯時に色落ちします。塩水に15分間ぐらい浸して色を固定し、洗濯後に日陰に吊るします。また、新しい服は匂いがあります。
2.繊維落ちる

これは実際には麻の植物繊維であり、正常な現象です。洗う時にダック色の物がこの現象はっきり見えます。
3.皺
麻の生地は元々ざらざらしていて、ドレープが悪く、皺バムやすい感じがあります。麻の独特の自然な表現でもあるようです。解決策はアイロンがけです。
4.結び目

麻の素材には結び目、引っ張られた糸が必ずあります(カットしないでください、カット後に穴が残ります)。
5.シュリンク

麻の素材を初めて洗う時に縮みます。出荷前に洗う処理を行いので大きな縮み事を心配しないでください。。洗う処理の事を行う後イロンがけをしなければならないため、アイロンがけの強さ違うより、裾、襟ぐり、肩幅などの位置に若干の非対称性が生じます。