まず、革靴作りは「ラスト」と呼ばれる木型を作るところから始まります。ラストのサイズによって大きく履き心地が異なるため、採寸した注文者の足のサイズにぴったりと合うように木型をガリガリ削っていきます。やすりで微調整したらラスト作りの工程が終了。

削り出したラストに合わせて革を切り出すためのパターンを紙で作って行きます。紙の型に合わせて革の裁断が行われます。裁断機などを使うことはなく、職人のスキルとナイフ1本で見事に革がカットされていく様子は思わず目を見張る光景。大量生産は行っておらず、1足ずつ職人がミシンで革を縫い合わせています。革靴の足の甲部分のパーツである「甲革」をミシン裁縫しているところを間近で見るとこんな感じ。また、革靴には複数のパーツがあるため、革が重なる部分はデコボコにならないように裏側を薄く削るなどの処理が行われます。

飾りをつけた革をミシンで縫い合わせると、ようやく革靴らしい形が見えてきました。このとき、立体的な革靴をミシンで縫い合わせられるように、特殊な台付きのものが使用されているのが分かります。

 

より多くの手作りの女性の靴